厚い爪は皮膚を傷つけることも

爪が厚くなる症状 爪甲鉤彎症。

 

こちらのお客様も病院で検査して、爪水虫などの病気でないことを確認済みです。

やはり病気ではないので、自分で薄く削るように言われたそうです。

 

でも、股関節が悪く曲げる事が出来ないので、自分で足の爪を切ったり削ったりすることが出来なく、今まで何年もご姉妹に削ってもらっていたそうです。

 

爪甲鉤彎症の場合、ただ厚くなるだけでなく、変な方向に爪が増殖してそれが足指の皮膚を傷つけることもあります。

 

 

ケアしてみたら、殆ど爪は付いておらず、2回目の施術後でもこの状態です。

 

この状態にナーゲルプロテーゼという人工爪をつけて見た目を良くする技術もありますが、お客様が今後このお爪をどうされたいのかによって、今後の施術計画が変わってきます。

 

こちらのお客様も今の見た目よりも、今後のお爪を修復していく方法を選択されたので、今後は修復するためのケアをしていきます。

 

綺麗なお爪になるよう頑張ります!

 

 

 

mscure

シェアする