ブーツで足が疲れる理由

2月7日は東京出張のため、臨時休業させて頂きました。

 

この日は寒波のピークと言われていたので、防寒を兼ねてこちらのブーツで出掛けたのですが・・・

めちゃめちゃ足が疲れたー!

 

こういう履物は足が疲れるのは覚悟していたのですが

思った以上に歩いたもんで

足のスネの部分が帰りには筋肉痛(>_<)

 

 

さて、なぜ こんなペチャンコの靴で足が疲れたと思います?

 

 

それは簡単に言うとサイズが合っていないからなんです。

 

『えーー! 足のプロがサイズの合っていない靴履くの~ ( ̄д ̄) 』

 

なんて思った方もあるかもですが、TPOに合わせてたまにはこんな靴も履くのです(;^_^A

但し、踵からつま先までのサイズを足長(そくちょう)と言いますが、その足長はもちろん合っていますよ。

 

 

では、どこのサイズが合っていないのか?

 

このブーツはファスナーがないタイプで

長靴と同じでスポッと足を入れるタイプのブーツです。

足をスポッと入れるためには、足の周囲よりもある程度大きくないと足が入らないでしょ~

 

 

そう!

靴の周囲と幅が足のサイズと合っていないのね。

 

 

だから歩くたびにブーツの中で足が滑って無意識に足指で踏ん張っているため、スネの筋肉が疲れちゃうのです。

 

 

長靴でお仕事をされている方やこのようなブーツで通勤、お仕事をされている方。

もし足が疲れやすかったら原因はこういう事なんです。

 

むくみの原因にもなりますし、これが毎日だとむくみが慢性化して足が太くなってしまう事も(;´Д`)

 

ほんの少しの事でも体には色々な影響があるんですよね。

 

 

mscure

シェアする